弱者のガンバライジング

”子供が遊ぶ”という目線でガンバライジング攻略を記事にするブログ

子供が遊ぶガンバライジングを考える

子供が遊ぶガンバライジングを考える

”子供が遊ぶ”を前提に考える

皆さん、ガンバライジングはご存じですか?

スーパーのゲームコーナーにもよくありますが、主にゲームセンターのカードゲームコーナーにある、仮面ライダーのカードゲームです。

私は子供二人(長男9歳/次男5歳)とほぼ毎週遊んでいます。

日曜9時から仮面ライダーとスーパー戦隊を見て、終わったらすぐイトーヨーカドーへ行ってガンバライジングをプレイ、というのが日曜午前中の日課となっています。

子供のプレイスタイルについて

うちの子供は前述のとおり長男9歳、次男5歳で二人とも現役プレイヤーです。

ただ、二人には決定的な違いがあります。

それは、

大人の手伝いが必要かどうか?

です。

そう、長男は私の手伝いは必要とせず、一人でゲームをやりきることができますが、次男はそうはいきません。

このガンバライジングというゲームは、小さい子から大人まで楽しめる素晴らしいゲームバランスになっているのですが、

ボタンの早押しやタイミング押し要素が勝敗を分けるポイント

になることが多いのです。

仮に、子供 VS 大人が同じカード使用という条件でバトルしたとすれば、上述のボタン操作要素により、大人が勝つ確率が高いです。

私のように未就学児の子供が楽しむ場合、ゲームはお子さんメインで楽しんで、ボタン操作だけ大人がお手伝いする、という方多いのではありませんか?

本ブログでは、

未就学児でもボタン操作に影響されにくいカード

を、完全に個人的な視点からご紹介していきます。

ガンバライジングの勝敗を分けるボタン操作とは?

ガンバライジングにおいて、勝敗を左右させるボタン操作は以下の2点です。

① スロットバトル

スロットバトル

3つのスロットを止め、止めた値の合計値が相手より上な場合、そのターンはこちら側が攻撃ターン、相手側は防御ターンとなります。

スロットを止める操作がボタン操作(もしくはカード操作)になります。

このスロットを止める操作は、一程度の目押しが可能ではあるものの、運要素の方が高いと私は考えています。

子供が適当にボタン操作 VS 強者の目押し

という図式になった場合でも、子供側が勝つ可能性は十分にあるといえます。

逆に言えば、この運要素が強いスロットバトルに勝てなければ、他のボタン操作ではほぼ勝てません。

つまり、

子供が強者に勝つ上で、スロットバトルの勝利は必須事項となり、【APアップ】は必ず入れなければならないアビリティであると考えます。

② テクニカルゲージバトル

テクニカルゲージ

ゲージ最上段を目指してタイミングよくボタンを押す操作になります。

相手より高い位置でゲージを止めた場合、攻撃側と防御側で以下の効果が発生します。

【攻撃側】

・相手ミガワリ発生率(※超)ダウン

・相手カウンター発生率(※超)ダウン

【防御側】

・味方ミガワリ防御の発生率 (※超) アップ

・味方カウンター発生率 (※超) アップ

※ パーフェクト(最上段に止めて)で勝利した場合には、更にもう一段階上の発生率になると考えます。

そして、このテクニカルゲージを止めるボタン操作には、運要素が無い、と考えます。

うまり、

子供が適当にボタン操作 VS 強者の目押し

という図式では、ほぼ確実に負けます。

その為、テクニカルバトル時には相手ミガワリ・カウンター発生率がほぼ確実に上昇してしまうので、【相手ミガワリ or カウンター発生率ダウン】アビリティが重要になります。

勝敗を決めかねない運要素

スロットバトルにおいて、ゲキレツアイコンを3回止めた場合に発動されるゲキレツインパクトが勝敗を決めかねない運要素になります。

ゲキレツインパクト

ゲキレツインパクトを発生すると、テクニカルゲージは行われず、こちら側の必殺が強制的に発動となります。

また、バーストゲージとライジングポイントが自動的にアップし、バーストそしてバースト必殺が出し易い状況となります。

ただし、スロットバトルは運要素が強いとはいえ、”一程度の目押しが可能”となり、強者であれば1ラウンドに1つはゲキレツアイコンに止めてきます。

つまり、

3ラウンド目にゲキレツインパクトを発生させて来る可能性が高いです。

子供の場合スロットの目押しができないと考え、ゲキレツインパクトの発生率を上げる為、【ゲキレツ増やし】のアビリティを入れておくのも効果的であると考えます。

また、バーストゲージとライジングポイントは自動的にアップするものの、バーストゲージおよび必殺コストを満足しない場合に、バーストできず表必殺になってしまう、もしくはバーストしつつもコスト未達成必殺で弱いダメージになってしまう、ということも考えられるため、【バーストゲージアップ /ライジングポイントアップ】のアビリティがあれば尚良しです。

子供が強者相手に勝つパターン

子供が強者に勝つパターンは、

APをゴリゴリにアップさせてスロットバトルに勝ち続け、

テクニカルバトルは捨てる。ただし、相手のミガワリとカウンターの発生率を下げる。

更に、3ラウンド目にゲキレツインパクトが発生できればなお良し。

という感じです!

子供が勝てるカード条件とは?

子供が強者に勝つパターンを実行でき、尚且つコストパフォーマンスが高いカード

を子供が勝てるカードと定義し、条件を以下に設定しました。

条件1, 以下のいずれかのアビリティを持っていること

 ① アタックポイント(AP)アップ(もしくは相手APリセット/ダウン)

 ② ゲキレツアイコン増やし

 ③ ライジングポイント(RP)アップ

 ④ バーストゲージアップ

 ⑤ 相手カウンター発生率ダウン

 ⑥ 相手のミガワリ発生率ダウン

条件2, バースト時のアビリティに以下が含まれていること

 ①  自身の必殺アップ (もしくは相手防御ダウン)

 ②  APアップ(もしくは相手APリセット/ダウン)

 ③ 相手のカウンターを封印(もしくは発生率ダウン)

 ④ 相手のミガワリを封印(もしくは発生率ダウン)

条件3, アビリティ発生の条件が緩いこと

アビリティには、発動条件が必要な場合があります。

例えば、

1番目にカードを出した時・・・

チーム相性が最大の時・・・

テクニカルゲージをパーフェクトで止めた場合・・・

など様々な条件がありますが、子供がクリアできる条件でなければアビリティをそもそも発生させることができないので、子供が発生させられる条件かどうか、にも注視する必要があります。

条件4, コストパフォーマンスが高いカードであること

強かったり、使用頻度が高いカードというのは高価な傾向にあります。

それも、子供のカードゲームとして扱うには考えられないような数千円単位のものも多くあります。

かくいう私も、たまにネット通販や町の中古ショップ等で購入してしまいがちです。

当ブログでは、小学生のお小遣いの範囲内で買えるカードかどうか、という点についても評価したいと考えています。

YouTube始めました。デッキ考察やイベント動画をアップしていきます!

Twitter始めました。こちらも是非遊びに来て下さい!

ブログランキング参加しました。応援よろしくお願いします!

コメントを残す